毛穴が開く理由とを改善する対処法

毛穴の開きが気になる!

 

「また、ファンデーションが埋もれてる・・・」「この毛穴の開き、一体どうすればいいの?」と、毛穴の開きがとても気になるという方も少なくないでしょう。

 

ここでは毛穴が開いてしまう理由や、毛穴の開きに対する効果的な対処法などをご紹介していきます。

 

 

毛穴が開く理由とは

 

まず始めに、毛穴が開いてしまう理由について説明していきましょう。毛穴が開く理由には大きく分けて2つあるといわれています。

 

肌の乾燥
多すぎる皮脂分泌

 

毛穴の開きは、肌の乾燥が原因で起こることが多いです。肌が乾燥すると肌の弾力を保つエラスチン繊維などの潤いが不足して、毛穴一つ一つが「ビローン」と伸びてしまい、毛穴が開きます。

 

また乾燥が進むと、「皮脂をいっぱい出して、体を守らなくちゃ!」と皮脂を過剰に分泌してしまう傾向が強まるため、いっぺんに大量の皮脂を「ドバっ」と出すようになります。一気に大量の皮脂分泌が行われると、毛穴の開きは大きくなります。

 

他にも毛穴が開く理由として、ニキビ発生によるニキビ跡、黒ずみや角栓を取るパックのやり過ぎ、クレンジング不足、紫外線、ホルモンバランスの乱れ、ストレスなどがあります。

 

毛穴の開きを改善する対処法

 

ここからは日常生活で出来る、毛穴の開きを改善するための対処法をご紹介していきましょう。

 

食生活を見直す

 

脂たっぷりの食事や、添加物・油脂まみれのインスタント食品などを頻繁に食べていると、毛穴から皮脂が出やすくなるので毛穴が開きがちになります。脂肪分を抑えた食事、栄養バランスの取れた食事を食べることで肌のターンオーバーサイクルが整い、毛穴が開きにくくなります。

 

睡眠時間を多く取る

 

睡眠が肌に与える影響はとても大きく、寝不足の肌は血行が悪くなり、毛穴の収縮も上手に行われないようになります。多めの睡眠時間を取り、毛穴に悪い影響を与えないようにしましょう。

 

スキンケアを見直す

 

メイクを落とすためのクレンジングや、毛穴に詰まった汚れを落とすための洗顔を毎日しっかりと行いましょう。毛穴にファンデーションや汚れが残っていると、毛穴の開きはいつまで経っても改善されません。

 

洗顔料にも酵素を配合したもの、スクラブ入り、抗酸化作用を持つものなど様々な種類がありますので、自分の肌に合ったものを選んで使いましょう。

 

 

そして、しっかりと洗い上げた後は化粧水や乳液などで肌を整えて、皮脂が過剰に分泌されないようにします。夏場は、毛穴引き締め効果の高い「収れん化粧水」などを使うのも良い手です。

 

紫外線ケアをする

 

日焼け止めやUVカットクリームなどを使って、肌に紫外線を当てないようにしましょう。紫外線は肌の老化を早め、ハリや弾力機能を低下させます。ハリや弾力が無くなった肌は、重力に逆らえずどんどんたるんできますから、毛穴が開いてしまいます。

 

あぶら取り紙の使用頻度を少なくする

 

暇さえあれば、あぶら取り紙を使っていませんか?あぶら取り紙の使い過ぎは、皮脂の分泌を余計に生み出し、毛穴の開きを助長させます。

 

テカったり、ファンデーションが浮いてくると、ついついあぶら取り紙で皮脂をごっそり取りたくなるものです。しかし、皮脂の取り過ぎはよくありません。皮脂は肌から水分が抜けないように、フタの役割も果たす大切なものでもありますから、あぶら取り紙を使う回数は1日2〜3回に留めましょう。

 

まとめ

 

毛穴の開きは、乾燥や皮脂の大量分泌、ニキビの発生、ニキビ跡などで起こることが多いです。毎日メイクを落とす、洗顔料を使って毛穴に入り込んだ汚れをキレイに浮き出させる、バランスの取れた食事を摂るなど、基本的なことですがこれらをきちんと実践することで、毛穴の開きを改善していくことができます。

 

 

毛穴の開きを改善してくれるパックはコチラ